プラセンタドリンクのデメリット

プラセンタドリンクのデメリット

■ 毎回瓶を捨てなければならない
プラセンタドリンクは1本ずつの瓶に入っているため、長く飲み続けるとどうしても空き瓶のゴミが出てしまいます。瓶は大量に溜まると重さも出てきますから、こまめに捨てるようにしましょう。

 

瓶の捨て方は、お住まいの自治体により異なります。空き瓶を単体で捨てる地域もあれば、ペットボトルと一緒に出すことができるところもあります。地域によっては分別方法が細かく指定されているところもあるため、プラセンタドリンクを長く飲むつもりなら、捨て方も確認しておきましょう。

 

■ 500mlの大瓶
1日1本のプラセンタドリンクの空き瓶を捨てるのを避けたいなら、500ml入りの大瓶タイプを買う方法もあります。軽量カップなどを利用しながら、1日分を測り飲み続けていく方法です。このような商品を利用すれば、ゴミが減らせてエコにも繋がり気分的にも楽になります。

 

1日分の個別タイプでは1回あたり50mlなどの量を飲むことになりますから、500mlタイプなら10日間は持つことになります。これを30日続けても、空き瓶を3本捨てるだけで済みます。最近はゴミを減らせるよう、大瓶タイプも売られるようになり、環境のことを気にする人でも買いやすくなりました。