プラセンタドリンクの副作用

プラセンタドリンクの副作用

■ 早く出るプラセンタの効果
プラセンタドリンクは体に吸収しやすいことから、プラセンタサプリメントと比べて早い段階で効果を実感することになります。プラセンタの成長因子により、代謝が高まり体の調子が良くなったり、逆に悪くなったりする方もいます。

 

たとえばプラセンタドリンクを飲み始めてから、疲れが取れやすくなって、睡眠時間が短くなる人もいます。朝早く目覚めたり、夜中に覚醒してしまうのは、人によっては副作用だと感じるかもしれません。

 

大量の変化は快方に向かうのではなく、一見悪化したように感じる瞑眩と呼ばれる反応も見られます。

 

■ 瞑眩
瞑眩とは体が調子よくなる前に、一時的に体調が悪化するもので、短期間で改善します。肌の代謝がアップしてニキビができたり、湿疹が出て悪くなったような症状もあります。女性の場合は生理周期が早くなるなど、体のサイクルに影響が出ます。

 

さらに人によっては体臭が強くなったり、生理前症候群の症状が一時的に強く出る人もいます。体には恒常性といって正常にもどろうとする作用がありますから、プラセンタで体のバランスが乱れているように感じます。症状は長期間続くことはなく、体内の悪い部分が改善される間、少しだけ感じるのみです。