プラセンタドリンク!飲んでカラダの中からキレイになっちゃおう♪

プラセンタドリンクとは?

■ プラセンタドリンクの特徴
プラセンタドリンクは、固形のサプリメントと比べて、体への吸収率が高まります。そのため即効性がある栄養ドリンクだといえます。プラセンタに含まれる栄養素を素早く吸収でき、美容効果や健康効果などが期待できます。

 

その代わり固形のプラセンタサプリメントと比べると、1本当たりのお値段が高めです。1日あたり100円前後かかるのが特徴で、仮に100円だとして30日間続けたとすれば、3,000円かかる計算です。1本200円だとすれば、30日間で6,000円の費用がかかる計算になります。

 

この費用が高いか安いかは個人差があると思いますので、費用を節約したい方は1週間に飲む量を調節したり、1日おきに飲むのも良いかもしれません。また、即効性を感じたい悩みがある方は、3,000円〜6,000円費用がかかっても、それほど高いとは感じないのではないでしょうか。

 

■ ときどき飲むのに適しているドリンク

プラセンタサプリメントは費用や形状からも、ときどき飲むのに適している商品だといえます。毎日飲むと空き瓶が出てしまい、ゴミの処理も必要となるからです。肌荒れがひどいと感じるとき、疲れが溜まったとき、など大量や肌の変化で飲むと良いでしょう。

プラセンタドリンクの選び方

■ 何mg入っているか調べよう
プラセンタをドリンクで飲むなら、一番比較したいのがプラセンタが何mg含まれているか確認することです。価格がお手ごろでもプラセンタの含有量が少ないと、単なる栄養ドリンクになってしまう恐れがあります。

 

プラセンタが多ければ当然効果が高まり、美容や健康対策に使える商品だといえます。たとえばあるプラセンタサプリメントでは、40,000mg配合していると表示されています。商品によっても配合量が記載されていない場合や、量が少ない場合もあるため注意してみましょう。

 

■ 量の基準がない
プラセンタはどのような状態で含めると何mgであるか表示できる明確な基準はありません。原液そのままで含まれているのか、それとも原液を粉末状にした商品なのかによっても、選ぶ基準は変わってきます。そのため、数値が多ければ必ずしも、プラセンタドリンクに多くの量が含まれているとはいえない事情があります。

 

原液のままプラセンタドリンクに配合するのと、一度粉末にしてから含めるのとでは配合量が変わってきます。プラセンタ配合量40,000mgと記載されているものは、おそらく原液のままだと予想できます。それが原末と呼ばれる粉末状になると、原液のプラセンタが濃縮されわずか600mgと量が減ってしまうことがあります。

 

馬プラセンタを比較結果はこちら 

関連サイト集

高級プラセンタサプリの選び方・・・プラセンタサプリは他のサプリと比べて結構いいお値段。。だからこそしっかり選びたいですよね?間違いないプラセンタ選びのために必要な情報はこちらからです。
結果がでやすい!馬プラセンタサプリの選び方・・・馬プラセンタは効果がでやすいって知ってましたか?美容はもちろん、健康にも効果大の馬プラセンタのことをもっと知ってみませんか?もっとキレイになれますよ♪
20170522-->

プラセンタドリンクの美白効果

■ 美白作用
プラセンタと聞くと美白など美肌効果を得るために利用するイメージがある方も多いでしょう。プラセンタは美白化粧品にも配合される代表的なもので、肌に塗ってもよし飲んでもよしの優秀美白成分です。

 

飲むことでシミができるのを防ぐ効果があります。プラセンタはチロシナーゼを抑制する作用を持ち、その結果新たなシミが発生しません。チロシナーゼとは体内にある酵素のひとつで、メラニン生成に関わりを持ちます。髪に色を付けるためにも使われていますが、シミや色素沈着が無いほうが良い部分にも働いています。プラセンタ自体はシミを漂白する作用は無いため、これからできるシミ予防に効果的です。

 

■ 新陳代謝を高める
プラセンタドリンクが美白作用があるのは、シミを追い出す新陳代謝を高める効果もあるからです。若いときは代謝が活発で、シミのもとが肌の内側で発生しても、きちんと代謝することができました。しかし、年齢を重ねるとだんだんと代謝が衰え、古い細胞が長く肌に留まることになります。

 

プラセンタを飲むとシミを追い出す効果も期待でき、続けるうちにシミが消えて無くなっていくと感じられます。直接漂白する成分ではありませんが、細胞が新しく生まれ変わる力を引き出し、若い頃のようにシミを蓄積しない肌に近づいていく効果が得られます。

 

プラセンタサプリランキングで比較はこちら